大人女子のためのバストアップ!今からでも間に合う育乳方法は?

バストが小さいとか、年齢とともにしぼんできたとか、垂れてきたとか、そういうバストの悩みは何歳になってもついて回るものです。

バストは大人になってからでは大きくしたりハリを取り戻したりするのは無理(難しい)と思う方も多いのではないでしょうか。

バストの大きさは遺伝で決まっているとか、年のせいで垂れてしぼんだ胸は治らないというように考えてしまいがちです。

ただ、バストだって体の一部ですから、ケア次第ではしっかり育てることもハリを取り戻すことも可能なんです。

もちろん、一番確実にバストアップできる方法というのは、「美容整形手術」です。豊胸手術というやつですね。

多くの女性が豊胸手術によってふくよかなバストを手に入れることができていますが、最近ではバストに入れたシリコンが体に悪影響を与える可能性があるというリスクも指摘されたりしています。

確実にバストを大きくできるけれど、こうしたリスクがあったり、また金額的にもかなり高い(100万円以上かかることもあります)ので、それを考慮すると豊胸手術は選択肢にないという場合がほとんどなのではないでしょうか。

では、豊胸手術以外で、もっと安全でもっと安価にバストアップできる(しかも大人になってから)方法というのはあるのでしょうか。

有名なところでは、バストアップサプリというものがあります。主にプエラリアミリフィカという女性ホルモンと同じような働きをする成分のサプリがバストアップに効果的と言われています。プエラリアミリフィカはタイ原産の植物で、純度が高く質がよいものがサプリとして多く出回っています。

そして、実際にプエラリアミリフィカでバストが大きくなったという報告も多数あります。女性ホルモンに強力に働きかけるので、それだけ効果が出やすいということなのでしょう。

その一方で、効果が強力ということはそれだけ副作用のリスクが高いということも忘れてはいけません。実際に、プエラリアミリフィカのサプリを服用して婦人科系の副作用が出たり(不正出血や生理不順など)したという例が多くあります。そのため、厚生労働省が「できるだけプエラリアミリフィカを摂取しないように」という注意喚起までしているのです。

このように、効果が高いもので、しかも体の中に直接取り入れるものというのは、副作用のリスクが高いということも覚えておきましょう。

もうひとつ人気が高い方法が、バストアップクリームを使ったマッサージです。単純にバストをマッサージするよりも、専用のクリームを使ってマッサージをした方が効果的なんです。というのも、バストアップクリームにはバストアップに必要な成分が含まれているから。

特に、最近話題の成分が、塗った部分の脂肪の体積を増やす働きがあるというボルフィリンという成分。バストのボリュームがほしい部分にしっかり塗り込んでマッサージをすることで、ピンポイントで脂肪の体積を増やしてふっくらさせることができるというわけです。

また、バストアップサプリと違い、体の中に直接取り入れるわけではありませんので、副作用のリスクもほとんどありません。マッサージをするというひと手間は必要ですが、安全にバストアップをしたい人たちの間では人気が高いアイテムと言えます。

そして、バストアップクリームと並行して使いたいのが、ナイトブラ。最近では女性たちの間で大流行しているアイテムですね。

バストアップだけでなく、将来的にきれいな形のバストを維持したいという人にも高い支持を得ています。

ナイトブラは寝ている間にバストが流れてしまうのを防いで、さらに脇などのお肉をバストに集約させて固定することで、バストにボリュームとハリを取り戻すというもの。また、バストが動いて型崩れを防ぐことができるので、きれいな形のバストをキープできるというわけです。

数多くの種類のナイトブラが発売されていますが、付け心地がよく、しっかりとバストをホールドしてくれるものを選ぶというのがポイントです。

ナイトブラの効果(40代向け)を知りたい方はこちらもチェック>

ナイトブラのメリットは、付けて寝るだけでいいので続けやすいということ。大人になってからのバストアップには継続が絶対に必要です。2、3回ナイトブラをつけて寝ただけではバストに変化は期待できません。なので、続けやすいバストアップ方法を選ぶというのも大事なポイントなんです。

大人になってからのバストアップは、お金とリスクをとって豊胸手術を受けるか、または時間がかかってもいいので少しずつバストアップさせるためにバストアップクリームやナイトブラを使うか。だいたいこの2つの方法と考えていいでしょう。

 

冬になると脂肪がつく!?冬太りを解消するためには基礎代謝アップが大事!

みなさんは、夏と冬ではどちらの方が太りやすいでしょうか。きっと圧倒的に冬の方が太りやすいという人の方が多いはずです。

特に、「食欲の秋」という食べ物が何でもおいしい季節を経て、気温がグッと下がり外出が面倒になってくる12月くらいになると、食事量は増えるけど運動量は減るという「太る条件」がバッチリ揃った状態になってしまうんですよね。

また、12月1月は、クリスマス、忘年会、お正月、新年会と、美味しいものをたくさん飲み食いする機会が次から次へとやってきます。この短期間で体重が3キロくらいは余裕で増えてしまうんですよね。。

こうした冬太りを解消するには、まず何よりも「基礎代謝をアップさせる」ということが大事です。

食べる量が増えて運動量が減れば、それだけでも基礎代謝が低下してしまいます。それに加えて、外気の温度が低いため、体も冷えやすくなります。冷えは基礎代謝を低下させる根本原因とも言えます。

それじゃ、とにかく基礎代謝をアップさせればいいのね!?と思うかもしれませんが、これが簡単じゃないんですよね(笑)

基礎代謝というのは目に見えないもの。体を維持するために使われるエネルギーであり、年齢とともに基礎代謝の消費量は減少していくとも言われています。

アラフォーになって年末年始の体重の増え方が大きくなった!なんて人もいるのではないでしょうか。これはまさに年齢とともに基礎代謝が減ってしまったため、十分にカロリーを消費できない結果なんですね。

このような状態を解消するには、まずは「筋肉」をつけることが大事。筋肉が多いほどエネルギー消費量も増えるからです。ただ、毎日筋トレをするのは無理という人は多いでしょう。続けることができていれば、そもそも太りにくい体にすでになっているはずですからね。

ふつうに生活しているくらいでは、年齢とともに筋肉量も落ちていきます。これが基礎代謝が下がって太りやすくなる原因のひとつです。昔と同じくらいの量を食べるとじわじわと体重が増えていく、というのは、このように筋肉量が少しずつ減って代謝できる(消費できる)エネルギー量が減り、その結果、摂取したカロリーが完全に消費できなく、脂肪として蓄積されていってしまうということなんですね。

筋トレが苦手、続かないという人は、まず日常的な生活の中で意識して筋肉を使うように心がけるというのがいいでしょう。私の知り合いにスポーツインストラクターをしている人がいます。その人は仕事がらもちろん体を鍛えているのですが、腹筋に関しては特別にトレーニングはしていないということでした。トレーニングをして鍛えるのではなく、ふだんの生活で外を歩いているときや椅子に座っているとき、腹筋にちょっとだけ力を入れるように意識を集中させることで、腹筋を鍛えることができるということなんです。また、正しい姿勢を常にキープすることも筋力をつけるにはとても大事だと言っていました。特に、インナーマッスルと言われる体の体幹部分の筋肉(腹筋や背筋など)は、正しい姿勢を意識するだけでもかなり効果を感じられるということです。

つまり、基礎代謝をアップさせるためには、無理して筋トレをする必要はないということ。もちろん、できる人はやった方がいいのは当たりまえなんですが、苦手なのに無理して続けようとするとたいてい「もうイヤだ!」となって結局やらなくなってしまうからです。

それならば最初から自分が続けやすい方法を選んで挑戦した方がいいでしょう。筋トレが苦手な人なら、まずは私の知人がやっているように、ふだんの生活の中で姿勢を正してお腹や背中にちょっとだけ力を入れるように意識を持っていくという方法はおすすめできます。これなら思い立ったらどんな場面でもできますし(わざわざ腹筋運動などをするう必要がないし、これ自体は全然キツクないから)、続けるためのハードルも全然高くありません。

また、同じような理由で、最近人気の加圧シャツを使ってみるというのも、筋トレができない・続かない人にはおすすめです。加圧シャツというのは、締め付け力が高い素材でできているので、着るだけで体を締め付けてくれます。それによって、自然と正しい姿勢をキープできるようになり、また、お腹や背中に適度な締め付けを与えることができますので、それによって無理に意識しなくても腹筋や背筋に力を入れた状態を作りだすことができるんです。

加圧シャツを1日中着ていれば、それだけで筋肉への刺激を与え続けることができるということ。この状態で歩き回ったり動き回ったりすれば、それだけで体への負荷をかけつつエクササイズが自然とできてしまうというわけです。基礎代謝をアップさせるためには継続が大事です。一か月だけ思いっきり筋トレをしたとしても、続けなければ意味がありません。

なので、根本的に筋肉が鍛えられやすい日常生活を送るというのが、基礎代謝を継続的にアップさせるためにはとても重要。そのためにも、筋トレが苦手で続かないという人は、まずはこうしたハードルの低い方法で始めてみるのがいいでしょう。

加圧シャツを使う際、男性は男性用を、女性は女性専用のものを使うようにしてください。

女性用の加圧シャツ選びで大事なポイントとなるのは、

ちゃんと体を引き締めてくれること

女性らしいメリハリあるボディラインを作ってくれること

引用:女性用加圧シャツおすすめ

特に、女性で男性用の加圧シャツを使ってしまうと、バストがつぶれてしまう可能性もあります。上の引用にもあるように、ポイントを押さえて加圧シャツを選ぶようにするといいでしょう。

代謝アップすれば、冬でも太りにくい体を手に入れることができますよ!